睡眠と体の調節


朝から夜まで働いた日が終わり、アルコールがたっぷり溜まった酒をがっつりと飲むと、不思議と幸せを感じてしまいます。

これは人生の中ですごくウレシイようなことなんですが、その後に、ウトウトとして、ぐっすりとした眠りに入り込めたら、より最高。
しかし、このアルコールバ分解されると、アセトアルデヒドという物質ができて、眠りを浅くして、ここから眠れなくなってしまうそうです。

特に、アルコールを吸収すれば吸収するほど。
そのために、どのような体制を整えて置けるのかが重要になるわけなんですね。

通常、眠っている間は尿を作り抗酸化ホルモンのバソプレシンという部分を発達支えているそうです。

なんだか全く知らないようなことなんですが、この部分が睡眠と関係してくるそうです。
だけど、こういったことが、実はルコールと不眠症にもつながってくるとのことなので、どんな状態を普段から考えて置けるのかが重要になったりする。

アメリカとフランスの市販の睡眠薬を飲むと、かなり依存性が高くなってしまうためにどれだけのことを考えてから、体を整えるのか?

これが重要になったりする。
些細な事になったりするのですが、意識した体の調節が大事になるはずです。

[PR]
by kuwanarisknw | 2016-03-08 14:21
←menuへ